コンテンツへスキップ

しばらく前から、ネットの記事やブログ、Instagramなどで『チープカシオ』というCASIOの安い腕時計を目にして気になっていました。様々な種類があって、生活防水のものや、日付と曜日が表示されるものまであり、それでもお値段は3,000円からととてもお手頃でした。

 
ちょうど時計が欲しいと思っていたので、この土日でチープカシオを手に入れるべく探してみることにしました。

 

まずは近くのホームセンターを訪ねましたが、こちらではプライベートブランドの腕時計が並んでおり、CASIOやCITIZENの腕時計の取り扱いはありませんでした。

 

続いて『○○○電機』さんを訪ねましたが、こちらは大型店舗のみ腕時計の取り扱いがあるとのことでまた不発です。

 

三件目に『○○○電機』の大型店を訪ねるも、レディースのラインナップはいくつか取り扱いがありましたがメンズはありませんでした。

 

続いて、最後の望みをかけて『○○○カメラ』へ行って来ました。こちらでは、チープカシオもメンズ、レディースともたくさんの種類の取り扱いがあり、チープシチズンもたくさんありました。

 

ある程度欲しいものを選んでいきましたが、本当にたくさんの種類があり、お値段もお手頃なので迷ってしまいました。結局、当初から決めていた品番の時計を購入してきました。

 

実店舗で購入したためか、店員さんの親切な対応か、お安い時計ですがバンドの長さ調整もして頂きました。

 

ネットで購入すると、届くまで実物を確認できませんし、長さ調整も自分で行うか、または有償で時計屋さんへ持ち込むこととなりますので、嬉しいサービスでした。

 

私は1,800円程で定価よりも、ネットよりもお安く購入できました。早速友人に写真を送ると、とても1,800円には見えない高級感があるとお褒めを頂きました。チープカシオオススメです。

スキンケアに興味を持つようになってだいぶ経ちますが、いまだに顔ぞりについてわからないことがあります。

 
元々色黒だった私はそれがコンプレックスでしたが顔ぞりをすると肌の色が一段上がる気がして、うれしかったことを覚えています。

 

20代の頃のストレス発散と言えば週に一度のお休みを無駄毛の処理に費やすことで、可能な限りムダ毛を除去していました。

 

これでもかっ、これでもかぁっ!というくらい産毛を抜き、そして剃る!、抜けそうな毛を見つけたら脱毛器を当て、産毛のそり残しがあれば再度剃刀を当てると、あまり肌へのダメージを考えずにやっていました。

 

そんな私も顔ぞりをしている長い間に「顔ぞりを始める前に、まず蒸しタオルで温める」「剃るときは小回りの利く刃が小さめのものを」「剃った後は肌を冷やして、化粧水をたっぷりはたいてく」などなど、学んできましたがどうしても唯一わからないことが。

 

色黒だけではなく毛深いことも私の悩みでしたので、おでこの生え際も結構激しいのでどこまで顔ぞりすればいいのかがわからないのです。

 

眉を整えるのに離れたところにある毛を剃るのですが、おでこはどこまで剃っていいの?ってことです。

 

あまり剃り過ぎても不自然なので多めに残していたのですが、生え際を1センチ程度を残して剃るという事がつい先日発覚しました!

 

「なにっ!?そんなに剃ってもいいのか!」と思いましたが、その通りにするとあまり自然な仕上がりではなくなりそうなので、あくまでも目安という事で現在剃っている範囲を少し広げるようにキープしていこうという結果になりました。

 

肌を守ってくれている産毛ですが、なくなるとやっぱりすべすべしたお肌になるし前髪を上げたスタイルだと、おでこがきれいだと少し自信が持てますね。

出会いがない、本当に出会いがない。

私は田舎で一人暮らしをしているしがないサラリーマン。

 

そろそろ周りに結婚するやつが増えてきた。未だに一人身の私も少し焦りを感じ始めている。このままでは、結婚できないまま人生を終えることになるのでは?と・・・。

 

そもそも、ここ3年彼女すらいない。というか、新しい女性との出会いがほとんどない。

毎日会社と自宅の行きかえりだけ。休みの日は決まった友人(男)と遊ぶか、家で一人でごろごろしている。こんな生活をしていれば出会いなんてないに決まっている。

 

だからといって、自分から出会いのある場に行くこともない。

合コンに誘ってくれる優しい友人もいるが、これまで一度も行ったことがない。初対面の人といきなりしゃべることが苦手だからだ。多分変な空気にしてしまうと思う。それが怖くて合コンには行ったことがない。

 

そんな私だがそろそろ本格的に危機感を覚え始めた。このままではいけないと。自堕落な生活を変えねばなるまいと。

そこで、彼女を作るために、色々と取り組んでみることにしたのだ。

 

とりあえず、今度仲の良い友人と街コンというやつに行くことにした。

街コンは、都会であればほぼ毎日のように開催されている。聞いた話によれば、日によって当たりはずれがあるようだ。

まあ、はずれとか偉そうなことは言えない。私自信が明らかにはずれ要員だからだ。

 

あと、合コンにも行くことにした。多分緊張して何もしゃべれないと思う。でも、まあ数うちゃ当たるで。とりあえず色々な出会いの場に参加しようと思うのだ。それに、色々参加していけばいくほど、こういったことにも慣れていくかもしれない。

 

最後に、ペアーズというものをはじめてみることにした。ペアーズはフェイスブックと連携した出会いのアプリだ。

 

どうやら、始める段階でフェイスブックの友人情報をペアーズに送信することで、フェイスブックでつながっている友人にはばれない仕組みになっているらしい。

 

そういうことなら安心して使用できる。友人にばれたら最悪だ。特に、高校時代・大学時代の薄い関係の友人、フェイスブックではつながっているけどリアルではほとんど会うことがない友人にばれるのは恥ずかしすぎる。さすがにそれは私のプライドが許さない。

 

友人はペアーズで実際に女性と出会ったらしい。それも二人も。本当に出会えるアプリらしいのだ。

 

ちなみに、食事には行ったが、その後連絡が途絶えたらしい。食事から帰った後から連絡が途絶えてしまったようだ。

 

まあ、アプリで出会ったような薄い関係なのだから、一瞬で切られてしまうのもしょうがないと思う。ペアーズについて書いているブログもあった。いいねを押したり、メッセージ交換をしたり楽しそうだ。

 

とりあえず、数打てば当たるの精神で色々取り組んでいこうと思う。

スキンケアに興味を持つようになってだいぶ経ちますが、いまだに顔ぞりについてわからないことがあります。

 

元々色黒だった私はそれがコンプレックスでしたが顔ぞりをすると肌の色が一段上がる気がして、うれしかったことを覚えています。

 

20代の頃のストレス発散と言えば週に一度のお休みを無駄毛の処理に費やすことで、可能な限りムダ毛を除去していました。これでもかっ、これでもかぁっ!というくらい産毛を抜き、そして剃る!、抜けそうな毛を見つけたら脱毛器を当て、産毛のそり残しがあれば再度剃刀を当てると、あまり肌へのダメージを考えずにやっていました。

 
そんな私も顔ぞりをしている長い間に「顔ぞりを始める前に、まず蒸しタオルで温める」「剃るときは小回りの利く刃が小さめのものを」「剃った後は肌を冷やして、化粧水をたっぷりはたいてく」などなど、学んできましたがどうしても唯一わからないことが。

 

色黒だけではなく毛深いことも私の悩みでしたので、おでこの生え際も結構激しいのでどこまで顔ぞりすればいいのかがわからないのです。眉を整えるのに離れたところにある毛を剃るのですが、おでこはどこまで剃っていいの?ってことです。

 
あまり剃り過ぎても不自然なので多めに残していたのですが、生え際を1センチ程度を残して剃るという事がつい先日発覚しました!

 

「なにっ!?そんなに剃ってもいいのか!」と思いましたが、その通りにするとあまり自然な仕上がりではなくなりそうなので、あくまでも目安という事で現在剃っている範囲を少し広げるようにキープしていこうという結果になりました。

 

肌を守ってくれている産毛ですが、なくなるとやっぱりすべすべしたお肌になるし前髪を上げたスタイルだと、おでこがきれいだと少し自信が持てますね。