コンテンツへスキップ

なんとか自分の潜在能力を生きている間に開花させる

人間が生涯において使用する脳の能力というのは数パーセントだけのようです。残りの90パーセント以上は使われないのです。これは非常にもったいないです。

 

世の中で大きく成功している人々は、きっと一般人よりも数パーセントは多く脳の能力を生かしているはずだと信じています。

 

そこで、私も中高年になり、カラダが動ける年齢の間に自分の能力を持って引き出して、仕事やプライベートでも大きなる飛躍をしたいのです。そうそう時間はないですから急務です。潜在能力という潜在している能力を使いこなす為に脳トレーニングを日々しているのです。

 

結構、真剣にしています。自分には出来ないとか、自分には才能などないという思いこみを捨てる為にセルフイメージの改善に努めています。

 

そして、自分の短所も受け入れた上で、新たな能力を開花させて、自分の人生だけでなく世の中を良くしたいという大きな野望があるのです。

 

周りと比べると、どちらかと言えば変わっている性格です。能力的にも変わってる部分が多いです。つまり、1つ何か能力が開花すれば、凄い才能が出て来る可能性を秘めていると自分でも信じています。

 

オカルトな話でもなんでもなく、潜在意識を利用すれば、言動や行動パターンが変化し、これまでになかった能力が発揮されるらしいです。

 

もう、信じるしかないのです。毎日、修行僧のように能力開花を明日にでも起こす意気込みで取り組んでいるのです。いつの日かでなく、この一年の内に私の人生は大きく花開くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です